研究会について
 
 

日本シネアンジオ研究会会則

第1章 総  則

第1条 本会は日本シネアンジオ研究会と称する。
第2条 本会は事務局を東京都三鷹市新川6-20-2 杏林大学医学部第二内科学教室(吉野秀朗)におく。

第2章 目的および事業

第3条 本会は心血管造影、カテーテル法に関連した医学的、生物学的応用に関する学問及び技術の研究とこれに関する知識の交流を行い、学問の興隆及び社会福祉の向上に寄与することを目的とする。

第4条 本会は次の事業を行う。

  1. 研究会発表、談話会、講習会、講演会、見学会、展示会等の開催
  2. 会誌、会報の発行
  3. 本会の対象となる分野における学問、技術の調査ならびに医療面における評価の検討
  4. その他、本会の目的を達成するために必要な事業

第3章 会  員

第5条 本会会員は次の通りとする。

  1. 会  員
    会員は本会の目的達成に協力し研究会に参加する者とする。
  2. 賛助会員
    賛助会員は本会の目的に賛同し本会の事業を賛助する団体または個人とする。
  3. 名誉幹事
    名誉幹事は常任幹事退任後、常任幹事会の議決を経て決められる個人とする。
    名誉幹事は常任幹事会・幹事会に出席できるが議決権は有しない。
  4. 顧問
    顧問は常任幹事で65歳の役職定年を迎えた個人とし、常任幹事会で推薦する。

第6条 会員の入会、退会および休会は、本会の事業遂行に支障がない限り、特に時期は定めない。

第7条 本会の会費は研究会開催時の参加費より充当する。ただし、名誉幹事は会費の納入は要しない。

第4章 役  員

第8条 本会は次の役員を置く。

  1. 研究会会長   1名
  2. 研究会副会長  1名
  3. 常任幹事   30名乃至40名
  4. 幹  事   30名乃至50名

第9条 役員の選出
(1)研究会会長は常任幹事会で委嘱し、選任後、担当研究会終了までを任期とする。
(2)研究会副会長の選任は研究会会長に準ずる。
(3)常任幹事の任免は常任幹事会の決定による。但し65歳を役職定年とするが、本人が早期退任を希望する場合はこの限りではない。
(4)幹事の任期は3年とし、会員の中から常任幹事会で委嘱する。再任は妨げない。

第10条 役員の職務
(1)研究会会長
幹事会を開催し、研究会を運営する。
(2)研究会副会長
研究会会長を補佐し、会長に事故ある時その職務を代行する。また、次期研究会運営の準備を行う。
(3)常任幹事
常任幹事会を組織し、本会の庶務会計、会誌、会報の編集発行、講演会の企画などの業務を行う。
常任幹事会は常任幹事の過半数以上が出席(委任状を含む)しなければ、常任幹事会を開き、議決することは出来ない。
(4)幹事は幹事会を組織し、常任幹事会の諮問に応じ重要事項を審議する。

第5章 研究会の開催及び発表規定

第11条 研究会は年2回開催する。

第12条 発表規定は次の通りとする。
(1)会員に限る。
(2)講演した発表は、編集委員会の依頼により、その研究内容を会誌に掲載する。


第6章 会則の変更

第13条 本会会則の変更は常任幹事会において決議する。

第7章 附  則

第14条 この会則に定めるもののほか、本会の運営について必要な細則は常任幹事会の決議により別に定める。

第15条


1. この会則は平成10年2月7日より施行する。
2. 本会則の一部を平成11年6月5日改定。
3. 本会則の一部を平成13年2月10日改定。
4. 本会則の一部を平成16年2月7日改定。
5. 本会則の一部を平成17年2月19日改定。
6. 本会則の一部を平成18年7月1日改定。
7. 本会則の一部を平成19年6月30日改定
8. 本会則の一部を平成22年2月20日改定

 ↑このページのTOPへ

 
トップページ
今回研究会のご案内
研究会について
会則
役員名簿
開催記録
次回研究会のご案内
 
 
 

日本シネアンジオ研究会事務局:杏林大学医学部第二内科学教室 吉野 秀朗
〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2 Tel:(0422)47−5511 Fax:(0422)41−5137